スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きゅーちゃん近辺情報

蒲田糀谷皮膚科専門医萩中商店街羽田空港大鳥居アレルギーアトピー性皮膚炎
きゅーちゃん診療所




こんにちは!
糀谷、今日はとてもいい天気になりました。


8時30分からの診療ですが、
患者さんも早起きで
さっそく、、(^^ゞ




きゅーちゃんの目の前に
便利なコンビニ(ファミリーマートさん)があるんですが、
そこの前にガチャガチャ(ガチャポン?)があります!
充実の、、れ

水やお菓子を買いに行くたびに、
ついついガチャガチャもチェックしてます。

今朝発見したのが、懐かしの

小学校シリーズで!

2回やってみました!

かわいい机と、
ランドセルが当たりました!


2015053009094847f.jpg




辞書付きです!




皆さまもぜひ、、(^^ゞ
スポンサーサイト

水虫・・・所長コラム

蒲田糀谷皮膚科専門医萩中商店街羽田空港大鳥居アレルギーアトピー性皮膚炎




きゅーちゃん診療所にも、夏が訪れています。
夏の訪れを感じるのは、水虫の患者さんが増えるからです。

水虫つまり白癬は、真菌の感染症です。
足拭きマットなどを介して、家族や同居人に伝染することも有ります。
家族まとめて治療しなければ、ピンポン感染(※)を引き起こすことが有ります。

爪に対する真菌の感染症は、内服薬治療が基本です。
真菌の種類によって、有効な薬も有れば、無効な薬も有ります。
また、副作用に目を向けると、例えば、
既に出来た真菌の細胞膜に作用するポリエンマクロライド系は、副作用として腎毒性が有り、
新たに出来る真菌の細胞膜の合成を阻害するアゾール系は、副作用として肝毒性が有ります。
さらに、薬の種類によっては、他の薬との相互作用の多い薬も有ります。
なお、爪白癬に有効という外用薬が昨年発売されましたが、値段が高いので悩ましいところです。
これらを総合的に考えて、最も適切と考えられる薬を選択します。

ねんのため付け加えますと、爪白癬の治療には時間が掛かりますので、根気が大切です。

(※)ピンポン感染:卓球のように互いにうつしたりうつされたりを繰り返すこと。











Category: 所長コラム

汗をかいた後の肌の乾燥について

糀谷皮膚科専門医アトピー性皮膚炎 アレルギー疾患皮膚科 花粉症 萩中商店街 羽田空港 きゅーちゃん診療所





こんにちは。
きゅーちゃん診療所のスタッフです。


わたしは汗をかいたときに汗を拭うと、肌の必要な水分や油分まで拭き取ってしまうようでものすごく肌が乾燥してしまいます。
もしかしたら、冬よりも乾燥しているかも知れません。
おでこは粉を吹いています。
乾燥すると痒いです。
汗をかいたら拭かないわけにはいかないし、本当に困ったものです。
この乾燥対策として、お薬を処方してもらって使用しています。
そのときによって軟膏とローションを使い分けています。
市販のクリームやローションでも良いのですが、アトピー性皮膚炎のためか極端に肌が弱いため、市販のものは何を使ってもタダレてしまい本当に困っていました。
処方してもらっているお薬に出会う前は、ワセリンを使用していました。
あるメーカーの白色ワセリンがとても使い心地がよくお気に入りなのですが、ほとんど売っているのを見かけないので入手に苦労していました。
いろんなメーカーの白色ワセリンが薬局の棚に並ぶ中、わたしの愛用の白色ワセリンは宝探しのように見つけるのに苦労します。
今でも何処で販売されているのか分かりません。
あちこち薬局で尋ね歩いて、発見次第購入するようにしています。


汗を拭うことについてですが、ハンカチやタオルで拭うときに肌を傷つけているようで、とてもヒリヒリすることが多いです。
同じような方はいらっしゃいますか?
先生からは優しく押さえるように汗を拭くといいよ、と言われるのですが、ついグイッと拭ってしまいます。
汗を拭ったことで乾燥が起こる場合は、できるだけ汗はハンカチ等で押さえて拭う、乾燥対策に市販のクリームやローションをつけてみる、または処方されたお薬をつけてみてはどうでしょうか。
夏でも乾燥肌に悩む方、一度お近くの皮膚科で相談してみてもよいのかも知れません。
乾燥でお悩みの方、一緒に対策をがんばりましょう。








曇りの日の紫外線対策

糀谷皮膚科専門医アトピー性皮膚炎 アレルギー疾患皮膚科 萩中 羽田空港 きゅーちゃん診療所



こんにちは。
今日は曇っていますね。
夕方からは雨が降る予報です。
こんな日でも紫外線の対策はきちんとした方が良いようです。


日焼けについては、先日先生にコラムを書いてもらいました。
コラム・・・日焼けについて

最近では日焼けによるトラブルでの受診も増えてきました。
日焼けによるトラブルなのか、日焼け止によるトラブルなのか、患者さん自身もよくわからないこともあるようです。
日焼け止はSPFの高いものより低いものの方がトラブルが少ないようです。
SPF20かSPF30のものを使用すると良いようです。
そして1〜2時間置きに塗り直す(実際にはいちいち落とせないので、重ね塗りになりますね)と効果的だそうです。
SPF50のものは粒子が細か過ぎて小さなシワに入り込み、クレンジングしてもなかなか落ちないのでトラブルになるし、シワも増える!!!とのことです。
それは恐ろしい!!!


紫外線に対してはこまめに日焼け止を塗り直すことと、帽子や日傘で紫外線を避けるのが良いでしょうか。
地面からの照り返しにも注意したいところです。
最近の日傘は赤外線を吸収し涼しく感じるものも多いです。
また、男性用の日傘も売り出されています。
きゅーちゃん診療所の先生も男性用日傘を使用していますよ。




ケロちゃん

糀谷皮膚科専門医アトピー性皮膚炎 アレルギー疾患皮膚科 萩中商店街 羽田空港 きゅーちゃん診療所



糀谷の皮膚科
きゅーちゃん診療所です🎵

今日はあいにくの小雨ですが、
過ごしやすい気温ですね。

明日の日曜日は良い天気になるそうですから、
お洗濯が気持ちよくできそうです!



201505151737404e4.jpg




製薬会社さんにいただきました、
ケロちゃんです🎵


指人形などもあったので、
懐かしい気持ちになりました。



最近は小さなお子さんがたくさん来てくれるので、
ケロちゃん大活躍!

夏になるとあちこち痒くなることが多いので、
お近くにお寄りの際には ケロちゃんに会いに来てくださいね~🎵

日焼けについて・・・所長コラム

蒲田糀谷皮膚科専門医アトピー性皮膚炎 アレルギー疾患皮膚科 萩中商店街 羽田空港 大鳥居 きゅーちゃん診療所



きゅーちゃん診療所は、治療だけでなく、予防にも力を入れています。

今の時期は…日焼け予防です!

もちろん宇宙服でも着ない限り(着たとしても)完全に日焼けしない方法はあり
ません。
しかしコントロールすることはできます。

コントロールとして一般に日焼け予防にはサンスクリーン(日焼止め)が
使われます。
サンスクリーンには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤とが有ります。
たしかに両方入っている方が予防効果は強いのですが、
紫外線吸収剤は人によって合わないことがしばしばです。
(紫外線散乱剤も全員に合うという訳ではありません。)

心配な人は、パッチテストを受けて、自分に合うサンスクリーンを探して下さい。
(きゅーちゃん診療所以外でもパッチテストをして下さる病院は沢山有り
ますから。)

一所懸命予防していても日焼けしてしまった人は、
日焼け後の治療を行いましょう。
炎症を落ち着かせ、炎症後色素沈着を改善しましょう。







Category: 所長コラム

台風

糀谷皮膚科専門医アトピー性皮膚炎 アレルギー疾患皮膚科 萩中商店街 羽田空港 きゅーちゃん診療所



台風が来ています。
ここきゅーちゃん診療所がある東京都大田区には、本日の夜中に影響を受けるようです。
お仕事などで外出されている方は、くれぐれも気をつけてくださいね。


今日のような天気が良くない日でも紫外線はしっかり浴びてしまいます。
曇っているときは油断しがちですが、油断したままで過ごすと、
日焼けして火照ったり、真っ赤になったりなどのトラブルに見舞われることもあります。
曇っていても日焼け止め、日傘や帽子など十分な紫外線対策をしてお過ごしください。










日焼け

糀谷皮膚科専門医アトピー性皮膚炎 アレルギー疾患皮膚科 萩中商店街 羽田空港 大鳥居 きゅーちゃん診療所
 


5月の大型連休が終了した直後の日曜日である昨日、
ディズニーランドに行ってきました。

DSC_3585.jpg


とても天気がよくて暑い日でした。
炎天下の中でパレードのために場所取りをしている人を見かけました。
パレードは3時間くらい先なのですが場所取りをするんですね。
強い直射日光と紫外線で熱中症と皮膚が火傷状態にならなければいいな、と心配しました。
帽子や日傘で上からの直射日光や紫外線は防げても、地面からの反射が心配でした。
そういうわたし自身も日焼け止めと帽子で対策していましたが、それでも日焼けしました。
水の上のアトラクションも多く楽しんだので、余計かも知れませんね。
カヌーをこぎましたよ。

DSC_3589.jpg


水面から光が反射して奇麗でしたが、すべて浴びてしまったでしょうね。
その影響でしょうか、口唇ヘルペスが出ています。
紫外線を浴びると出やすいのでとても気をつけていたのですが、防げませんでした。
これからの季節はますます日光で肌が火傷状態になったり、
わたしのように口唇ヘルペスが出たり、さまざまなトラブルが起きることが予想されます。
トラブルが起きたら、酷くならないうちに皮膚科を受診してみてください。
わたしもさっそくお薬を出してもらいました。


では、しっかりとスキンケアをしながらアウトドアを楽しんでください。














暑くなってきました

糀谷皮膚科専門医アトピー性皮膚炎 アレルギー疾患皮膚科 萩中商店街 羽田空港 きゅーちゃん診療所
 


5月になりました。
もう夏のように暑い日もありますね。
診療所では、汗による皮膚トラブルの相談が多くなってきました。
子どもさんたちも学校や幼稚園、保育園でそろそろプールが始まるようなので、
それに備えて受診することもあるようです。

アトピーの子どもさんの受診も多くなってきました。
アトピーは突然改善するものではないようで、
先生はいつも1〜2年単位で将来を見据えた治療をしましょうと言っています。
飲みづらい漢方薬を一生懸命飲んでいる子どもさんたちも多くいます。
お母さん方はいろんな工夫をされているようです。
アイスクリームやヨーグルト、食事に混ぜたりと、飲みやすくするために、
本当にいろいろと考えられていますね。
小学生くらいになると子どもさんたちは自分の治療だということを
しっかりと認識して、治療に向けてがんばっている様子も見受けられます。
そのような認識が持てるのは、親御さん方の努力の賜物であると思います。
子どもさんは自分のための治療であることを理解できると、前向きになりますね。

さて、暑くなってくると汗だけではなく、紫外線や水虫の問題も出てきます。
困った症状が出てきたときには、ぜひ相談してください。




きゅーちゃん診療所
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。